敏腕弁護士┃熊谷真喜に離婚相談をアタック

弁護士

税に関する書類と申告

様々な面でサポートしてくれる頼れる存在

人々の暮らしや生活を維持していくためには税金は非常に大切なものです。福利厚生やインフラの維持など様々なところで税金の恩恵を受けることができます。しかしそうは言ってもあまり払いたくないと思うのも事実です。日本の税制度は自己申告制を採用しており、毎年確定申告の時期や法人の決算期には、税務書類を税務署に提出しなければなりません。しかし税務申告には専門の知識が必要なため、多くの方が戸惑ったり面倒だと感じているのではないでしょうか。そこで頼りになるのが税のプロフェッショナルである税理士です。税理士は確定申告書、青色申告書の作成や提出をするだけではなく、所得税や法人税、または相続税や贈与税の税に関する相談にのってくれます。また税務調査時には調査に立ち会ってくれる頼もしい存在でもあります。

税理士を選ぶ際の注意点

税に関する書類作成や提出、または相談にのってくれる税のプロフェッショナルである税理士。しかしそれぞれの税理士には得意な分野または不得意な分野がある上、税理士によってサービスの質が違うことが現実です。相談する場合や顧問契約を結ぶ際には、自分にあった納得できる税理士を選びたいものです。ではどのようにして選べばいいのでしょうか。まず重要な事は、何をどの範囲で税理士に依頼するかはっきりと決めておくことが肝心です。人によっては全てをまかせたいと考えている方もいれば、記帳だけをお願いしたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。依頼する内容を明確に決めることは、その後の満足度を高めてくれる秘訣です。次に大事なことは税理士の経験やプロフィールを確認しておくことです。依頼する分野を得意としていることがいいことは二言を待ちません。また無料相談などを利用し、実際に税理士と直接会ってみることも有効な方法でしょう。