敏腕弁護士┃熊谷真喜に離婚相談をアタック

弁護士

相続の書類を専門家に

利用する方法について

税理士事務所で事業に関する相談をする場合には、相談したい内容によって様々なタイプの相談ができます。顧問契約を結んで継続的に相談を行う方法以外にも、さらに細かな事業に関する相談に乗っている事務所もあります。確定申告に関する事務だけを行ってもらえる事務所もあります。普段の記帳などは会社内で行って、確定申告の際だけに税理士に確認してもらうことで、より経済的に税理士を利用できます。また決算に関する書類を作成してもらえる事務所もあります。損益計算書や貸借対照表の作成が必要な法人などは税理士を利用することで、税務上の処理を反映して財務諸表を作製してもらうこともできます。その他にも毎月の帳簿上の仕訳を月単位で行っている税理士もいます。

税理士が人気の理由とは

今税理士に税金に関する相談を行う人が増えています。そうした人気の背景には日本が現在高齢者の人口が増加していることがあげられます。団塊の世代が高齢者になることで、今後も継続的に高齢者の割合が増加する事が予測されています。高齢者が増加することで必然的に遺産や生前贈与などに関する相談をする個人も増えてきています。特に相談が持ち込まれることが多いのは、納税義務者の範囲や、実際の税額に関する相談です。税理士に相談することで、相続する財産に課せられる贈与税や相続税の正確な計算をしてもらえます。また一定のものを相続する場合には、相続税が課せられない場合もあります。税理士に相談することでそれらの非課税の財産に関するアドバイスも受けられます。