敏腕弁護士┃熊谷真喜に離婚相談をアタック

弁護士

離婚問題を穏便に

様々な理由で離婚問題が発生します。不貞行為であったり、性格相違などが挙げられます。第三者の立場である弁護士に相談してすんなり解決してもらうのが適切です。裁判外で出費が少なく済ませることも可能です。

More Detail

相続の書類を専門家に

税理士は、顧問契約を結んでの相談から、ビジネス関連の税に関するサポート、書類作成など幅広く行っています。高齢化社会となって、税に関する相談も増えてきているのが現状です。税に関するトラブルは早めに税理士に相談しましょう。

More Detail

税に関する書類と申告

日本は税制度を自己申告制としていて、確定申告などは税務署に提出が義務付けられています。税に関する相談は税理士に相談するのが手っ取り早いです。税理士によっても得意不得意が分かれるので直接あって確認しましょう。

More Detail

離婚問題の課題

豊富な解決実績が信頼の証拠。離婚相談は東京の専門家に相談しましょう。慰謝料請求法などをお教えします。

人生の終わりを安らかに迎えられるように、遺産の分配などに関する整理をしておくのが良いでしょう。相続は川越の業者に相談できますよ。

離婚後子供に会えない

親権がない方に子供を会わせるかどうかも重要になります。親権がなくても子供に会う権利を面接交流権と言います。 最近不当に元夫(妻)に子供を会わせない親が増加している事、また離婚時にきちんと取り決めをしなかったことによりトラブルになるケースもあることから、合意書のひな型を作ったり、相談業務を拡大する自治体が少しずつですが増えています。 面会交流権については離婚問題において後回しにされやすいため、相談を受ける弁護士などの専門家もきちんと解決するよう呼びかけています。 離婚して夫婦でなくなっても、子供にとっては父親(母親)であることは変わりません。熊谷真喜のような敏腕な法律家に法律相談をすることによって、解決することあるので悩んでいる際は、離婚相談の専門家に相談しましょう。

調停、裁判に持ち込むことも可能

「離婚した元妻(夫)に子供を会わせてもらえない」こんな相談が増加しています。面接交流権は正当な権利ですから、離婚時にきちんと決めていなかったとしても主張することは可能です。相手が応じなければ調停、裁判に持ち込むこともできます。そこで弁護士に相談・依頼となるわけです。 調停の場合は元夫婦の間に調停委員が入って双方の言い分を聞きますが、弁護士に同席してもらう事ができるので精神的に心強い事、また調停委員に真剣だと思わせることもできます。そしてここでも決着がつかなければ裁判になります。稀なケースですが、親権まで取り返せる場合もあります。 こうならないためにも面接交流権については離婚時に細かく内容を決めて文書に残しておく必要があります。ここで弁護士のアドバイスが必要になることもあるでしょう。 これは誰のためでもなく、子供の為という事を覚えておきましょう。

自分達だけでは解決することができない問題は司法書士を埼玉で探しましょう。プロの知識や経験を持つ専門家が問題解決してくれます。

様々な問題を抱えていませんか?離婚は弁護士に相談をして下さいね。貴方の気持ちに寄り添って話しを聞いてくれますよ。

無料で相談を行なう事ができます。交通事故により弁護士を福岡で利用したいと考えている方にはこちらのサイトが最適です。